--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/12/23.Fri

...a very jazzy xmas!!

Minoritenkirche

今日、合唱の本番が終わりました。

相当な練習時間数を重ねた上に、
年末だし、クリスマスの曲だしで、
本番は舞台の上で切ない想いでいっぱいで、放心状態になっていました。

あの教会で歌っていた自分が夢の中にいた自分のようです。

それにしてもみんなさすが音楽家!
本番の集中力はたいしたもんだなと感心しました。
音が半音ぐらいずれてたと思われる曲も、
本番ではびっくりするぐらいピッタリ!
久しぶりに倍音を聴きました。
指揮をしていた先生の指示にも忠実だったし、
やっぱりみんなやるときはやるのね~と思いました。

今回の本番は、信じられないぐらい楽しかった!
練習はきついけど、またやろうかなと思ってしまいました。

結局私は合唱が好きなんだな、うん。

↓の写真は友達が撮って送ってくれたものです。
どうもありがとう。
もちろん、このあとの曲のときには後ろに男声合唱が立ってましたよ。
Chor


なぜか今日は続き付き↓
と、このブログを書いているあいだに「今日」を過ぎてしまいました。
どうして1年が終わるのってこんなにも寂しいんでしょうかね。
別に2005年が終わるからといって、だれかがいなくなるわけでもないのに。
その1年間が充実してればしてるほど、
終わるのが寂しいのかなと最近思います。
まだ完璧に終わったわけじゃないけど、
年末にウィーンから日本に帰るのは、ある種の節目だと感じます。

たいていこの時期は忙しいから、
当然部屋はめちゃめちゃ。
それを少しずつ綺麗にしていって、荷造りをして、
家の扉を閉めたとき、
本当に2005年のウィーンでの生活は終わりだなと思うことでしょう。
まだ掃除をし始めてもいないので、
明日日本に帰るという現実味はまったくありません。
ただ一つの現実は、飛行機のチケットのみ。

たった2週間だけど、
また歩き出すためには大切な滞在です。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 帰国 | HOME | 雪!! »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。