--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/07/07.Tue

ドイツ旅行・2日目・その1「ロマンティック街道」

いつの間にか4日も経ってました。
続きです。


さて、朝5時1分の電車に無事乗れた私たちは、ロマンティック街道を走るバスが出ている
ヴュルツブルグに向かいました。
これに乗って。↓
ICE


ヴュルツブルグでは1時間の待ち時間があったので、駆け足で街を観光。
世界遺産だという、レジデンツも見てきました。↓
レジテンツ
逆光ですみません。

街中の大聖堂周辺は、なかなか良い雰囲気のところでした。

バス停を探していろんな人に聞きましたが、
ヴュルツブルグの人はみんな親切でした。
やっぱり田舎の人は優しい・・・。

太ったイカツイおじさん(でもいい人)が運転するバスに乗り込み、
こんな↓田園風景を見ながらロマンティック街道を下る旅が始まりました。
バスの中から

ちなみにヴュルツブルグの街を出たあたりでは、ワイン畑がウィーンの郊外並みにたくさんありました。
ここでは、フランケンワインというのが名産だそうです。
残念ながら飲めなかったので、味はわかりませんが・・・。

1つ目の街は、ローテンブルク。
このバスは、街ごとに降ろしてくれて、15~35分ほどそれぞれの街を観光することができます。
途中の街からこのバスに乗ってよし、降りてその街に泊まってもよし、といった感じです。

ローテンブルクはとてもかわいい街でした。
途中下車した街の中では、私は一番気に入りました。
こんな形のお家がたくさん並んでいました。↓
ローテンブルク1
窓辺にはお花が綺麗に飾られていました。
Pちゃんの話によると、窓辺の花は○○(忘れた!教えて!)ゼラニウムといって、臭いので虫を寄せ付けないんだそうです。
葉っぱをこすって匂いをかいでみましたが、本当に臭かった!
でも見た目は綺麗だし、素敵な知恵ですね。

ホテルの看板↓
ローテンブルク2


ロマンティック街道沿いの街では、仕掛け時計がたくさん売っていました。↓
ローテンブルク3
どれも凝っていてとてもかわいくて、すごく欲しかったけど、
学生が即買いできる値段ではなく・・・断念。


シュネーバルというここの名産のお菓子を食べながら、
またバスに乗り込み、ネルトリンゲンを通ってから、城壁に囲まれた街・ディンケルスビュールに向かいます。



まだ2日目のお昼です。
つづく・・・
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。