--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/03/23.Mon

ベルリン旅行記 『食べ物&観光』編 その2

今日のウィーンは春一番のような強い風が吹いています。
週末は暖かくなるみたいだし、冬時間も終わるし、本当に春が来るかも!

さて、(もう昔のことのようですが)ベルリン旅行記。

ベルリンといえば、東西を分けていた壁。
歴史好きな父に話を聞きながら、壁を眺めました。

ベルリンの壁1


ベルリンの壁2
側面にガムがいっぱいついてました・・・。
なにやってんだか・・・。


ベルリンの壁3
このように、今でも壁があった場所は分かるようになっています。


ユダヤ1
ユダヤ人犠牲者記念碑。
ナチスに殺害された600万人のユダヤ人を追悼しているそうです。


ユダヤ2
中に入るとこんな感じ。
立っているのは私(156cm)。
中に入れば入るほど自分が埋まっていくようで、変な感覚になっていきました。


ブランデンブルク門1
ブランデンブルク門。


ブランデンブルク門2
ブランデンブルク門の前に立っていた人たち。


肉
これは今回一番驚いた食べ物。
塩漬けにされた豚の足。
ウィーンにも似たような形のものはありますが、
これはたぶん茹でて(煮込んで?)あるので、なんかグロい。
ベジタリアンの人は悲鳴をあげそうです・・・。
柔らかくておいしかったけど、すごい量だし、なんか豚に罪悪感を感じる料理でした。



まだ終わらない!次はその3。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
Re: ベルリン旅行記 『食べ物&観光』編 その2
ベルリンの壁が崩壊したお正月
ドイツのメルヘン街道を旅していたのを思い出しました。
あの年のコインは記念にとってあります。
Re: ベルリン旅行記 『食べ物&観光』編 その2
>月王さま
調べてみたら、ベルリンの壁が崩壊したとき、私はまだ4歳だったようです(笑
メルヘン街道行かれたんですか~!
素敵ですね。
ドイツではありませんが、先生から砂漠の砂をいただいたことはよく覚えております。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。