--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/07/04.Mon

墓所

今日はウィンドウショッピングがてら、
ふらふらお散歩をしました。
そこで歩きながら話題にのぼったのが、
オペラ座とカフェOBERLAAのあいだあたりにある
カプツィーナー教会の地下にあるお墓。
一緒にいた友達は昨日行ったばっかりだったそうで
話がやたらリアルだったことに興味を持った私は、
嫌がる彼女を引き連れてその入り口へ。
チケット売り場がやけに新しくて明るくて、
本当にお墓なんかあるのかい・・・と思いつつ入ってみると、

ほんとにある・・・。
しかも雰囲気が微妙。
他に人がいたからマシだったけど、
二人だけだったらかなり怖かったと思います。
それにしても、おびただしい数の柩たち。
所狭しと並べられておりました。
誰が入っているのかといいますと、
ハプスブルク家の歴代の皇帝たち。
名のある人たちは、どれもこれも豪華な柩に納められていました。
それでもやっぱり一番大きかったのは、
マリア・テレジア&フランツ1世。
柩の上に飾りとして作られていた銅像は
互いを見つめ合っていて、
愛を感じました。
話によると、マリア・テレジアは夫の死後は
ずーっと喪服で過ごしていたそうです。

柩のあいだを通って歩くのは、不思議で不気味な感じがしました。
無駄に中身とか想像してしまったりして、
ゾクゾク(ただのバカ)。
怖いのになぜかちゃんと見たくて、
2周もしてしまいましたよ。
(ごめんね。)

途中でちょっと頭が痛くなったような気がしたし、
出た後に右肩が重かったような気がしたけど、
全部気のせいにします(笑


カメラ持ってなかったので写真はありません。
持ってたとしても撮る勇気はない・・・。

ウィーンって、きもだめしを開催しなくても
寒くなれるからいいですね(汗
スポンサーサイト
未分類 | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
それはね・・・
ふふふ。君は相変わらず物好きだねぇ。
日本にいてよかった!肝試しなんかあっちゃいけないものだよ。
まぁ君の幸運を祈るよ☆
え・・・
やっぱりちょっと憑いてたのかしら。
私はいつだかのきみの除霊シーンが忘れられません(笑
日本から連れて帰ってこないでねー!
だから行きたくないっていったのに。
ひどい。もう一生行かない。
でもえんどうまめが一緒に行ってくれるなら行くわww
今度は3人でいこうか♡
ふふふ
いやぁのあちゃんはいっつも
私の好奇心の犠牲になって、
かわいそうだね~(笑
それでも一緒に行ってくれるあなたに感謝です☆
またおもしろいとこ行こうね。うふふ。

次はぜひ3人で行こう!
私はもうきっと大丈夫だわん。
だからって
私をまきこむなよぉ(泣
なんで私!?
でもいいんだもんねー。
ここ(日本)でそんな機会はないから
きっとウィーンに帰る頃にはきみたちは忘れてるはずだ!!(←願い)
ふふふ・・・
忘れないわよ、絶対忘れないわよ~
楽しみにしてるからね~ん

管理者のみに表示
« うわあ | HOME | 夏? »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。