--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/01/25.Sun

博物館&美術館

昨日は、美術史美術館系列の6つの美術館&博物館が入場無料でした。
国立図書館の隣にある、Museum für Völkerkunde(民族博物館?)と、
Kunsthistorisches Museum(美術史美術館)に行ってきました。


Museum für Völkerkundeには、アジアの代表的な宗教の芸術作品やシンボル的なものがたくさんありました。


egg
↑ヒンドゥー教のなにか。


日本の神道も紹介されていました。
神道1


神道2
↑ぶれてしまって見にくいと思いますが、奥にはキツネが!


??
↑なにコレ??


内部1
↑建物の内部。なぜか馬が顔を出しています。


内部2


内部3
下では私が来る前にイベントをやっていたようで、スリランカの民族楽器が置いてあったりしました。
入った途端カレーの匂いもプンプン。
ちょっと見たけど、おいしそうでした。



疲れながらも美術史美術館へ。
すごい人でした。
美術史美術館1


カバ
↑カバ。


顔1
↑顔。


顔2
↑アリストテレスの顔。


ギリシャ



美術館内部


長々とありがとうございました。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/01/23.Fri

IMMERVOLL&SLUKA

今日は、ずっと行ってみたかったレストラン『IMMERVOLL』とカフェ『SLUKA』に行ってきました。

IMMERVOLLは名前の意味通り「いつも満席」なので、
入れるかなと心配していたのですが、あと1テーブル残っていてセーフ。
他は全部予約されていました。
ここはおいしいという評判を聞いていたので、初めてでも安心して友達を連れて来られました。
店内はこじんまりしていて、アットホームな雰囲気。
immervoll1


値段は普通のオーストリア料理よりちょい高めかなという印象でしたが、
味がとても上品なので納得といった感じでした。
私が頼んだのはReisfleisch mit Blattsalat↓
immervoll2


友達が頼んだニョッキ↓
immervoll3


外観はこんな感じ↓
immervoll4

何度でも食べに来たいと思わせられる味でした。



天気が良かったので、散歩しながらSLUKAへ。
途中Rathaus前のアイススケート場を通りました。
eislauf1


eislauf2


eislauf3

昼間だったので人が少なかったです。



SLUKAのカプチーノ、おいしかったです!
ケーキもおいしかった!
人がそこまで多くなくて、落ち着いた雰囲気のお店でした。
sluka1


sluka2


sluka3


久々にカフェに長居をし、友達と充実した会話ができました。
感謝。
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/01/20.Tue

Richard Strauss: Also sprach Zarathustra

昨日は、2台ピアノ8手(=4人)のコンサートでした。
曲は、映画「2001年宇宙の旅」のテーマソングとして有名な、
リヒャルト・シュトラウスの『ツァラトゥストラはかく語りき』。
元はオーケストラの曲で、それがピアノ8手バージョンに編曲されたものを演奏しました。

2か月前に曲とメンバー(一人途中交代)が決まり、1か月前から合わせを始めたのですが、
この曲はもうとにかくテンポはころころ変わるし、拍子もよく変わるうえにパートによって違ったり、
オーケストラからの編曲なのでピアノで弾くのがものすごく弾きにくかったり、
おまけにリヒャルト・シュトラウス独特の和声に耳が慣れなかったり、
とにかく本当に大変でした。

最初の合わせは曲の半分までも弾けず、とにかく拍を数えるだけでいっぱいいっぱいでした。
家で個人練習をしていても、自分がなにを弾いてるのか、他のパートがどういう音を弾いてるのかまったく分からず、
一人で拍子を数えながら、「1,2,3,ん?違う!1,2,3,1,あ゛ぁぁっもう!!」と、
混乱の極みでした。

状況はみんな同じだったので(たぶん)、
一度4人で集まって楽譜を見ながらYouTubeにのってたオーケストラバージョンを聴いて勉強会をしたりしました。

私は2ndピアノの下のパートだったのですが、
上のパートはありえないくらい大変そうで、楽譜が音符で埋め尽くされてました。
私は私で音が少ない分休符が多くて、それはそれで数えるのも大変でした。
しかもなぜか最初と最後がひとりっていう・・・。
最後はppp(ピアノピアニッシモ=極めて弱く)で、ものすごく緊張しました。
でも本番は自分でもビックリするぐらい最後はうまくいって、興奮しました(笑)


喉が枯れそうなくらい1,2,3ってずっと数えたり、
朝8時から学校に行って合わせしたり、
拍子の数え方がわけわかんなくて、慣れない計算をして頭が痛くなったり・・・

それもこれも乗り切れたのは、良いメンバーに恵まれたからだと思います。

30分もある曲だったのに、本番は全然長く感じなくて、
終わった後は、寂しささえ感じました。
私、すごく楽しんでたんだなと実感しました。

1か月、みんなでよくがんばった!
本当にありがとう!!





P.S.弾いた方々へ
 録音、送ります。メールアドレス教えてください。
未分類 | Comments(10) | Trackback(0)
2009/01/18.Sun

散歩

まだ雪が残る、昨日のウィーン。
天気が良かったので、散歩に行ってきました。


マリアテレジア


久々のMUMOK↓
mumok01


LEOPOLD MUSEUM↓
leopoldmuseum


夕暮れのマリアヒルファー通り↓
mariahilfer str.
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/01/15.Thu

Karneval ist überall

昨日は楽友協会の地下にあるGläserner Saalで、うちの学校のピアノ科主催のコンサートがありました。
その名も、「Karneval ist überall(カーニバルはどこでも)」(直訳ですみません)。
ということで、演奏者の人は普通の格好ではなく、コンサート自体も普通のコンサートではありませんでした。

最初はピアノ科主任J.K先生がトラの頭をかぶって出てきて、
サン・サーンスの動物の謝肉祭を2台ピアノでK.B先生と。

その後は主任J.K先生の司会のもと、生徒たちの演奏アリ、ヴァイオリン&アコーディオンの演奏アリと、
多種多様な曲目がずらり。
カーニバルということで、踊り系の音楽が多かったです。

その中で、しっとりと素敵な自作の曲を聴かせてくれたピアノ科G.G先生。
衣裳がこんな・・・!↓
gery01


この人、大きい男の先生です。
なんでこの衣裳だったのか・・・

弾いてる姿はこちら↓
gery02

こんな格好なのに、すごく良い曲で、音もやさしくて綺麗でした。


そして、ジャズはもちろん、R.B先生。
彼の門下のB.Kくんとの2台ピアノのブルースは、とても良かったです。
黒い帽子&黒いサングラスで、気取って登場。
batik


なぜか学長も一緒にピアノを弾いてたりしてビックリ・・・。
彼がピアノを弾けるなんて、初めて知りました。
3人
一番右が学長。
真ん中が主任J.K先生、左が前出のR.B先生。


この会、なんだかコメディっぽいのも含ませていて、
途中でピアノ科唯一の女の先生、D.A先生が生徒役で子供みたいな恰好をして騒いだりして、おもしろかったです。


私的に一番おもしろかったのがコレ↓
k門下

一番左が我が師匠T.K先生。
バラくわえて出てきたよ!


k門下2

バラくわえて弾いてるよ!!

もちろんこのまま弾いたのではなく、
客席側の2人が入れ替わって、男性が女性にバラを贈っていました。
曲目がビゼーのカルメン・ファンタジーだったからですね。


ラストは、ヨハン・シュトラウスのアンネン・ポルカの6手バージョン。
前出のD.A先生がT.K先生とJ.K先生に挟まれて弾いていました。
狭そうだったぁ。
3人2


夜8時から始まって、終わったのは11時前。
長いコンサートでした。
おもしろかったけど。

外人って、役者がうまいなぁとつくづく感じました。
ちょっとやるだけですごくサマになるっていうか・・・。
そういうところは憧れますね。


この会は、今学期から主任になったJ.K先生のお披露目会だったそうです。
皆さん、お疲れさまでした。
未分類 | Comments(4) | Trackback(0)
2009/01/06.Tue

2009年1月5日

昨日は誕生日でした。
夕食は、DO&COという、シュテファン寺院の目の前のホテルの中にあるちょっと高級なレストランに行ってきました。
ウィーンなのにこんなに綺麗でオシャレでおいしいところってあるのか!!って感じでした。
店内の様子↓
do&co1


do&co2


席についたら、ウェイトレスさんが「本日のなんとかはなんとかでスープとなんとかなんとか」と言いだして、
そういう状況に慣れていない私はポカーンとしてしまってなにも聞き取れませんでした。
が、最初に言うぐらいなんだからおいしいんだろう(むしろなんでもおいしいだろう)と思って、
なにかわからないソレを頼んでみました。

そして出てきたのがこれ!↓鹿の肉
鹿のフィレでした!
なんかあわてて撮ったのでうまく伝わらないかもしれませんが、
すごーーくおいしかったです。
鹿はかわいそうだけど、しょうがない。
脂があまりなくて、噛んだときすごくジューシーでした。

メインの前にかぼちゃのスープも頼みましたが、
これもすごくおいしかったです!(写真撮り忘れた)

食事が終わって、デザートのメニューが配られ、それを見ていたら、
花火が運ばれてきました!↓
花火ケーキ

サプライズでケーキ!!
ビックリしすぎて思考が停止して、ぎりぎりで写真を撮ることができました。
クリームチーズと木イチゴのケーキでした。
これもとてもおいしかったです。

ボキャブラリーが乏しいせいで、「とてもおいしかった」としか書けません。すみません。

日本や、他の国にいる友達からも、昨日と今日はたくさんお祝いのメールなどをもらって、
とてもうれしかったです。
どうもありがとう。

とても幸せな誕生日でした。
ありがとう!
未分類 | Comments(6) | Trackback(0)
2009/01/02.Fri

明けました。

昨年はお世話になりました。
このブログを見に来ていただいている皆さん、コメント&拍手をしてくれている皆さん、
本当にありがとうございました。
こんな個人的&不定期更新なブログですが、今年もよろしくお願いします。

さて、31日の夜は宣言通り、爆竹&花火の音に埋もれてきました。
写真でどうぞ。
silvester001


silvester002


silvester003


silvester004


silvester005


カウントダウンは市庁舎の前でしてきました。
youtubeに初アップロードしてみた↓


その後は2時まで市庁舎前にあったステージの前で、
お酒を飲みつつ音楽を聴いたり踊ったりしゃべったりしてました。



次の日の元日は朝お雑煮を作って食べ、散歩に行きました。
目的はジルベスターのプンシュのマグカップを手に入れること。
行ったのが夕方だったので屋台はほとんど終わりかけていましたが、無事入手しました。

簡易トイレゾーン↓
簡易トイレ


neujahr002



で、本日2日の話ですが、
あろうことか私は31日のあの人ごみの中で、
ウィーン市内の交通機関の定期、並びにそれを買うために必要なカードを無くし、
今日は午前中からそれを手に入れるために出かけてきました。
まず始めに区役所に行き、カードを無くした証明書を出してもらって(2ユーロ10セント)、
次にwienerlinien(ウィーンの交通機関の会社)に行ってカードの再発行(6ユーロ)をしてもらいました。
締めて8ユーロ10セント!
思ったより全然安く手に入れられました。
最悪50ユーロぐらいかかると思ってたので、この親切さ具合にはビックリ。
カードを落としたことに気づいたのは年が明ける40分前。
去年のうちに悪いことをすべて流せたような気がして、今はちょっと良い気分です。


さーて、2009年、がんばりましょう!!
未分類 | Comments(11) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。